派遣で働いてる場合、確定申告は必要?

派遣社員

派遣で働いてるけど、確定申告って自分でしなきゃダメなのかな?

そもそも、確定申告と年末調整って何が違うの?

派遣で働いている場合、確定申告は自分でするのか、それとも派遣会社がしてくれるのか迷うかもしれません。

よく耳にする「確定申告」と「年末調整」の違いも、説明してと言われると、なんだかよく分からない…という方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ひとつの派遣会社で働いている場合は確定申告申告を自分でする必要はありません

ただ、副業をしている場合や、株や不動産などを持っていて、年に20万円以上の収入がある人は確定申告が必要になります。

ここからは、「確定申告」と「年末調整」の違いと、派遣で働いている場合でも確定申告か必要になるケースについて紹介します。

確定申告と年末調整の違いは?

確定申告と年末調整は、どちらも1年間(1月1日~12月31日まで)に納めるべき税金を調整する手続きだという点で共通していますが、主な対象者が違います。

確定申告:事業所得や不動産所得がある人、株式投資をしている人、副業をしている人

年末調整:会社員、派遣社員、アルバイトやパートを含む給料をもらっている人

掛持ちで仕事をせず、派遣だけで働いている場合は、派遣会社が年末調整をしてくれるので、私たちが確定申告をする必要はないことになります。

確定申告

確定申告は、1年間の所得とそれに対する所得税などの金額を計算し確定させることです。

主にフリーランスや個人事業主として生計を立てている人が行うもので、収入や経費を確認し、事業所得の確定が必要です。

年末調整

年末調整は、原則企業が行います。

派遣社員を含め、会社員、アルバイト、パートなど会社に勤めている人が対象です。

会社は1年間に支払う給与や賞与などの額から「従業員が納めるべき納税額」をあらかじめ概算し、月々の給料やボーナスから「源泉徴収」として天引きしています。

しかし、この「源泉徴収」はあくまで概算なので、従業員が払うべき納税額は、課税期間(1月1日~12月31日まで)が終わったら、実際に受け取った給与所得に応じて確定します。

そのため、企業は12月の給与確定後に正しい納税額を確定させ、源泉徴収した税額と差額があれば、還付などを行って精算します。これを「年末調整」とよぶのです。

たいていの場合は、多めに源泉徴収として天引きされているので、お金が帰ってくることがほとんどです。

派遣社員でも確定申告が必要なケース

派遣社員は、派遣会社が年末調整をしてくれるので、個人で確定申告をする必要はありません。しかし、以下のケースに当てはまれば場合は確定申告が必要です。

  1. 年度の途中で退職して年末調整を受けていない
  2. 給与所得意外に20万以上の所得がある
  3. 複数の派遣会社を掛持ちしている
  4. 年末調整までに前職の源泉徴収票を用意できなかった

1.年度の途中で退職して年末調整を受けていない

年度の途中で退職し、再就職をしていれば、再就職先の企業が年末調整を行ってくれるので、確定申告は必要ありません。

しかし、年度の途中で退職したままの場合は、確定申告により納めすぎた所得税が戻ってくることがあります。

会社から源泉徴収される額は、年間を通じて支払う給与の予定金額から算出されているため、年度の途中で退職して再就職をしなかった場合、「税金を納め過ぎている」可能性があります。

所得税を追加で徴収するよりも、多めに徴収して差額を返金する方が「手続きが楽」という事情もあり、たいていは多めに徴収されています。

そのため、年末調整時に派遣会社との雇用関係がない場合は確定申告をしたほうがお金が戻ってきてお得です。

2.給与所得意外に20万以上の所得がある

派遣の仕事のほかに副業などをしていて、給与所得以外に年間20万以上の収入がある人は、確定申告が必要です。

  • 副業で所得が20万円を超えた
  • 不動産所得で20万円を超える利益を得た
  • 株や仮想通貨、FXなどの取引で20万を超える利益を得た


これらに当てはまる場合、「確定申告」が必要です。

※不動産所得はアパートやマンションの家賃収入から「必要経費」を引いた金額
※株や不動産を売却した場合は「譲与所得」として申告

3.複数の派遣会社を掛持ちしている

複数の派遣会社を掛持ちしている場合、年末調整ができるのは「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している会社のみです。

そのため、提出した会社以外の所得合計が20万円を超える場合は、確定申告が必要になります。

4.年末調整までに前職の源泉徴収票を用意できなかった

年度の途中で退職して派遣社員となった場合、年末調整の際に前職の「源泉徴収票」を提出すれば、派遣会社が前職の収入も合わせて年末調整を行ってくれます。

しかし、派遣会社で年末調整を行う際に前職の「源泉徴収票」を用意できなかった場合、自分で確定申告をする必要があります。

源泉徴収票は、前職の会社に言えば発行してくれますが、手元にくるまでに2週間ほどかかります。そのため、退職の際に源泉徴収票を郵送してもらうように根回しをしておくと、自分で確定申告をする必要はなくなります。

最後に

基本的に、派遣社員でダブルワークをしていない限り、自分で確定申告をする必要はありません。会社が年末調整を行ってくれるので、案内にしたがって書類の提出、または入力をしてください。

確定申告が必要な場合は、国税庁のHPを確認して必要な手続きをしましょう。

国税庁の確定申告等作成コーナーを使用すれば、画面の案内に沿って金額等を入力するだけで申告書を作れます。比較的に簡単に作成できるので、ぜひ活用してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました