塾講師になると病む?

塾講師

塾講師になると病む人が多いって本当?

塾講師になると病む人は多いのでしょうか?

結論から言うと、塾講師になって精神的に病んで休職、または退職する先生は少なくありません。

というのも、塾講師には激務なうえに、休みが少なく、保護者からの理不尽な要求やクレームを受けることが珍しくないからです。

実際、私は塾講師の長時間労働と休日がどんどん削れていくことに病み、睡眠障害になりました。そこからは負の連鎖で、保護者からのクレームを受けたことと、生徒から「授業が面白くない」と言われたことを上手く受け流せなくなりました。

睡眠不足と長時間労働が積み重なり、倒れかけたのが決定打になって退職しています。

ここからは、塾講師になった人が病んでしまう原因を紹介していきます。

原因1.長時間労働

学習塾も一企業。勤務時間は13時~22時のうちの実働8時間であることが多いです。

しかし、実際は8時間で仕事が終わることはありません。

そもそも、塾講師の仕事は、「生徒に授業をする」だけではなく、一般的な企業のように「売り上げ」や「利益」を出すために営業をしなければなりません。それに加えて、入塾や退塾、模試や特別講習の手続き、生徒の成績の管理などの事務仕事をこなします。

1日のうち、どんな仕事をするのかは時期や日によって変わりますが、激務であることは1年を通して変わりはありません。

そして、サービス業である以上、自分よりもお客様である生徒や保護者を優先するので、勤務時間外や休憩時間でも対応をします。

その結果、ただでさえ激務の仕事を勤務時間内終えることができず、毎日1~2時間残業をするのが割と普通です。

そして、授業で行ったテストや模試の採点が重なったり、夏期講習などの特別講習が始まる前の営業や準備で忙しくなったりする時期は、終電を逃して午前様…なんてことも珍しくありません。

長時間労働で疲労が積み重なり、倒れる先生や精神的に参ってしまう先生がいるのは事実です。

土曜日は平日よりも営業開始時間は早い

通常、月~金は13時が22時が営業時間であることが多いです。しかし、塾によっては学校や多くの企業が休みである土曜日は、平日よりも営業時間の開始時間が早くなります。

大抵は土曜日は12時スタートでしょう。校舎が閉まる時間は通常通りなので、早く始まる時間の分だけ労働時間が増えます。

定時で帰れることはほとんどないので、10時間以上の労働が週に1度はあることになります。

エリア会議は営業時間外に行われる

多くの学習塾では、週に1度エリアごとに集まって会議を行います。この会議は、通常の勤務時間である13時~22時のどこかで行われるかと思いきや、13時よりも1~2時間前に行われます。

そして、営業が始まる13時には校舎に着くような時間で会議は終了。そこからは通常の勤務をこなします。通常の営業時間に会議を入れてしまうと、その時間にくる電話や来校者に対応できません。そのため、営業時間外に会議を行います。

11時や12時から勤務が始まり、校舎を閉める時間は通常と変わらず22時です。会議がある日は10時間労働が当たり前なのです。

夏期講習や冬期講習、春期講習の時は長時間労働になる

勉強に集中できる学校の長期休みは、塾にとって稼ぎ時です。そこで、勉強の復習や学力定着のため、特別講習を開講します。

この特別講習をしている期間は毎日が長時間労働になります。朝の9時から授業が始まり、終わるのは通常と変わらず22時であるケースが多いからです。

夏期講習や冬期講習、春期講習の授業をしている最中でも、営業や事務仕事は変わりなくあります。ただでさえ授業のコマ数も多いです。授業だけでも8時間ほど担当しなければならないのが普通なので、全てこなそうとすると労働時間は10時間ほどになってしまうのが現状です。

むしろ10時間労働は少ない方で、もっと多い時は14時間労働になることもあります。

原因2.休みが少ない

塾講師の休日は、「日曜日+平日1日」の週2であることが多いです。

しかし、日曜日には志望校別対策などの特別講習やテスト対策で仕事が入ることが日常茶飯事で、休日は思っているよりも少なくなります。

塾によっては、日曜日にエリアごとに1つの校舎に集まって志望校別対策の授業を行います。志望校別に集めることで、その学校の入試対策に力を入れて授業を行えます。

この日曜日の特別講習の授業を担当するのは、エリアにある校舎に所属する先生でシフトを組んで回します。

表向きは任意参加で、「出たい人が出ればいい」ことになっていますが、シフトを組んでいる以上は全く入らないのは角が立ちますし、不公平です。そして、人手が足りなければ、正社員の場合は強制的に動員されます。

また、学校の定期テスト前は、日曜日に校舎を開けてテスト対策を行います。テスト対策を行うかどうかは校舎の責任者の判断によって決定。

「やりたいからテスト対策をやっている」状態なので、休日出勤をしているにも関わらず、お給料が支払われないこともあります。

日曜日の特別講習も、テスト対策も、基本的に振替休日は設けられません。気づいたら15連勤してる…なんてこともザラです。

原因3.時間外労働が多い

塾講師の最大の仕事は、「生徒に勉強を教えて志望校に合格させる」ことです。生徒に分かりやすく勉強を教えるために必要になるのが「授業の予習」や「過去問分析」です。

この授業の予習や過去問分析は「自己研鑽」と呼ばれ、基本的には労働時間に含まれません。先生によって力の入れ具合が変わりますし、どれだけ時間がかかるかも変わるからです。

そして、勤務時間は事務仕事や生徒対応で忙しく、授業の予習をする時間を取るのが難しいのです。

そのため、授業の予習は休日や勤務前の時間を使って行います。予習に慣れていないうちは、予習にとにかく時間がかかります。1コマ分の授業を作るのに4時間かかる…なんてことも珍しくありません。

休日は授業の予習や過去問分析で潰れることが多いです。息抜きに出掛けようと思っても、予習のことが頭をちらついて全く楽しめません。

また、生徒や保護者との面談に備えて、学校の情報取集も必要になる場面があります。校舎から通い安い学校の進路実績、校風、入試情報を集めておき、指導に反映するのです。

時には、通いやすさや学校の周りに何があるのか確認するために学校まで足を運ぶこともあるでしょうし、塾講師限定の学校説明会に休日や勤務前の時間を使って参加することもあるでしょう。

この学校に関する情報収集も「自己研鑽」と呼ばれ、勤務時間には含まれませんし、かけた時間の分の対価も発生しません。

この状態がデフォルトになると、仕事とプライベートの境界線があいまいになって、生きるために仕事をしているのか、仕事のために生きているの分からなくなります。

仕事とプライベートをきっちり分けたいタイプの方には苦痛だと思います。

原因4.会社や上司からの圧力

学習塾も利益を追求する企業です。売り上げや利益がなければ塾を続けられないので、それらの「数字」を会社や上司からは求められます。

塾の場合、「売り上げ」に当たるのは「授業料」です。賃貸料や光熱費、人件費などの固定費用は毎月変わりはありません。生徒が増えれば増えるほど「利益」は上がっていきます。

そのため、生徒を増やすために営業活動を行うのです。

学校の近くでビラ配りをしたり、資料をポスティングしたり、過去に模試や体験授業を受けてくれたご家庭に営業電話をかけたり…と。

毎月達成目標が決められていて、達成できたら表彰、達成できなかったら、お偉いさんたちと会議が待っています。あまりにも数字が取れなかったら校舎を異動することになったり、降格することもあります。

よって、会社や上司から圧力をかけられるのです。

原因5.保護者からのクレームや理不尽な要求

正社員で塾講師をしていると、保護者からのクレームや理不尽な要求に対応しなければならない場面が多々あります。

理不尽な要求やクレームに対しては、対応できることと、できないこととの線引きをし、「できないことはできない」としっかり説明をして納得をしてもらわなければなりません。

その過程で、酷い時は人格否定をされることもあります。

普段なら受け流せるようなことでも、激務で疲れているうえに、休日もどんどん削れて常に仕事に追われている…なんて状態だと、上手く受け流せず正面から受け止めてしまいます。

こちらのミスではあるのですが、小テストの採点ミスが1つあった時に烈火のごとく怒られた際には、やるせない気持ちになりました。

原因6.不十分な研修

新卒で入社した場合、入社日から5日間ほど研修を受けると、現場に配属されます。

私が入社した会社の研修内容は、塾の1年の流れを説明を受けて、あとはひたすら授業研修でした。その後現場に配属されて困ったことは、校舎運営に関する仕事の研修が一切なかったことです。

多くの学習塾では、生徒の個人情報や成績を専用のシステムを使って管理しています。そのシステムの使い方も研修では教えられなかったので、多忙な現場で1から学んでいかなければなりません。

そもそも、校舎運営をするにあたってどのような仕事があるのかも教えられず、何をすればいいのか何も分からない状態でした。

その状態で、生徒対応や保護者対応をこなします。右も左も分からないので、当然余裕はなく、授業の予習にも追われて精神的に追い詰められていったのを覚えています。

週に1度、研修がありましたが、大抵は授業研修で校舎運営に関する研修は一切なし。個人的には授業研修よりも、校舎運営に関する研修をしてほしかったです。

最後に

私自身は早い段階で精神的に参ってしまいましたが、多くの先生が病んでしまうタイミングで多いのは、校舎の責任者に昇進した時です。

塾は昇進が異様に早く、入社から半年で校舎の責任者に昇進する人もいますし、1年で半数の人が昇進します。どんなに遅くても入社から3年以内には校舎の責任者に昇進します。

校舎の責任者に昇進すると、保護者からのクレームや理不尽な要求に対応しなければならない場面が増えます。酷い時は人格否定をされます。慣れない仕事をしているなか、そのような言葉を受けると参ってしまうのです。

また、単純に忙しすぎて倒れてしまう先生も多いです。

通常であれば受け流せるようなことでも、仕事と疲労が重なって余裕がない状態では上手く受け流せず真っ正面から受け止めてしまうものです。

私は、慣れない仕事と休日に気分転換ができず、常に仕事に追われている感覚に心が擦り減ってしまいました。

はじめは楽しかった授業も、休日や勤務前の時間を使って行わなければならないので、プライベートの時間を仕事に浸食されていって、だんだん楽しめなくなり…

生徒から何気ない会話で言われた「授業が面白くない」という言葉に、休日返上で予習を行っていた私は、心がぽっきり折れました。

そのため、どんなに忙しくても自分が気分転換できるものを作っておくのをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました