塾講師を途中で辞めるのは無責任?

塾講師

塾講師を途中で辞めたいけど、辞められない…

塾講師を年度の途中で辞めるのは無責任なのでしょうか?

私個人としては、辞めたいのなら年度の途中であっても辞めても構わないと思います。

理由はいくつかあります。生徒にとって年度の途中で担当の先生が変わるのは珍しいことでもないですし、なにより、あなたが無理して塾講師を続けて身体や心が壊れてしまったとしても、会社はあなたの人生に責任を取ってくれません。

詳しく説明していきます。

会社はあなたの人生に責任を取ってくれない

年度の途中で辞めるのを「無責任だ」と言う人もいるかもしれません。でも、塾講師を辞めないことであなたが精神的にも肉体的にも追い詰められてしまうなら、辞めるべきです。

会社は、あなたの人生に責任を持ってくれません。一度、身体や心が壊れたら回復するまで相当な時間がかかります。回復するまでにかかった時間、本来ならあなたが趣味を楽しんだり、お金を稼いだりする時間に対する責任は、誰も取ってくれないのです。

証拠を集めて会社を訴えることもできますが、時間もお金もかかりますし、精神的苦痛も伴います。そんなことに時間とお金を浪費するくらいなら、きっぱり辞めて別の仕事をした方がいいと思います。

一度しかない人生です。楽しいことをしましょう。嫌だったら辞めても構わないのです。

担当の先生が変わるのは普通、あなたが辞めても塾は回る

生徒にとって、年度の途中で担当の先生が変わるのは珍しいことではありません。夏期講習や特別講習で担当の先生は変わるものですし、年度の途中で新しい先生が入ることもあります。

前期と後期、月の変わり目でクラスが変わることもありますし、担当の先生が変更されることもあります。

良い事なのか悪い事なのかは微妙ですが、塾は人員が流動的です。生徒にとって、「新しい先生くるのが普通」であるのと同時に、「先生がいなくなる」ことも割と普通です。

そして、塾講師を途中で辞めたとしても、校舎は普通に回ります。普通に回そうとしますし、欠けた分の人員はいずれ補充されます。

なので、あまり生徒や一緒に働いている人たちのことを気にしすぎず、自分の気持ちや体調を優先してください。

塾講師を辞めるのに良いタイミングは?

塾講師を辞めるのにタイミングですが、一番良いのは受験が終わったタイミングでしょう。中学入試も高校入試も終わっていて、年度切り替わる時期でもある3月が辞めるには一番丁度良いタイミングです。

でも、辞めたと思ったらいつでも辞めてもいいんですよ。

労働基準法で、辞めたいと思った日の2週間前に伝えれば辞められると決まっているのですから。

ただ、年度の途中で辞める場合かつ、受験学年を担当している場合、夏期講習が終わった後だと辞めにくい雰囲気にはなります。夏が終われば受験が近づいてくるので、夏期講習まで担当したならそのまま受験まで見てくれるだろう…となりやすいのです。

そのため、年度の途中で辞めるなら、夏期講習前に辞めておくのを個人的にはおすすめします。

塾講師を辞めたいと思ったら誰に伝えればいい?

塾講師を辞めたいと思ったら、正社員は直属上司、アルバイトは校舎の責任者(校長や教室長)にまず伝えましょう。

アルバイトの場合は、採用の権限やシフトを決める権限を持っているのは校舎の責任者です。校舎の責任者に伝えて退職届を出したらOKです。

正社員の場合は、直属の上司に辞める意向を伝えます。あとは、直属の上司が上の役職の先生に伝えてくれるので、直属の上司の指示に従いましょう。

大抵は直属の上司から辞める意向を上に伝えれれたら、校舎が所属するエリアを統括する先生と面談をすることになります。

辞めたないように説得されたり、引き止められたりするかもしれませんが、本当に辞めたいと思ってるなら何も気にしなくていいですからね。淡々と退職に向けて動きましょう。退職届を提出したら普通に辞められます。

また、塾講師を辞める際に「源泉徴収票」を必ずもらいましょう。アルバイトでも正社員でも確定申告に必要です。

ただ、辞めるのを伝えにくいからといって、連絡もなしに仕事を飛ぶのは止めておきましょう。連絡もなしに仕事に来なくなるのは確実に迷惑になります。

時間になっても来なかった場合、代わりの先生を探すのも大変ですし、人員がいなければ授業が破綻します。

必ず、辞める1ヶ月~2週間前までに伝えて、引継ぎをしましょう。

最後に

塾講師を途中で辞めることは、必ずしも無責任であるとは限りません。年度の途中で担当の先生が変わるのは普通ですし、新しい先生が校舎に来ることもあれば、逆にいなくなるのも普通です。

ただ、受験学年を担当している場合は、夏期講習が終わった後は辞めにくい雰囲気になります。冬期講習から受験直前は特に辞めにくいです。

しかし、無理をして身体や心を壊しそうなら、仕事を辞めた方がいいと思います。校舎や生徒よりも、あなた自身の人生を優先してください。

会社はあなたの人生にまで責任を持ってくれません。一度身体や心を壊してしまったら、回復するまでに多くの時間がかかります。

どうか、そうなる前に離れてくださいね。「無責任だ」という人もいるかもしれませんが、無視していいです。だって、仕事を辞めたら関わらなくなる人ですよ。どう思われても2度と会うことなんてないんですから、好きなだけ言わせておけばいいんです。

それに、人生の大半と1日の大半は仕事をして過ごすんです。嫌なことに時間を使って消耗して、プライベートな時間を楽しめなくなるなんて、もったいないです。一度きりしかない人生、楽しいことをしましょう。

タイトルとURLをコピーしました